天井のないお風呂をつくっています

こんにちは!
愛知県岡崎市を中心に、高気密高断熱の性能を得意とした注文住宅を建てている建築会社です。

早速ですが、くらはし建築の特徴の1つである“天井のないお風呂”についてご紹介をしていきます♪

お風呂に天井がない・・・?
ってどんなお風呂??

くらはし建築では、お風呂に天井がないのが標準の仕様です。
見学会に行って「お風呂に天井がないんですよ~!」と言われたら、みなさんどんな想像をされますか!?

①露天風呂のような風呂
②海外のリビングにバスタブが置いてあるようなお風呂
③想像できません。笑

見学会などでご案内すると、みなさん「どういうことですか~???」と 想像つかない方が多いイメージです。

これが天井のないお風呂です。
って、天井あるよね!?ってお声が聞こえてきそうなので、
天井がないお風呂とはいったいどういうことかを、ご説明させていただこうと思います。

いわゆるユニットバスの
天井がない

くらはし建築では、トクラスというメーカーのお風呂が標準品です。
よくあるシステムバスですね。

標準仕様と全く同じ内容ではないですが、トクラスのYuno Baseというシリーズです。

こちらのお風呂を使い、ここからさらにくらはし建築仕様のお風呂に進化したものがコチラ↓

天井が大変身しました!これがくらはし建築の作っている“天井のないお風呂”です。
ユニットバスに通常セットになっているツルツルした素材の天井を使わず、自社オリジナルの天井仕様にします。

ユニットバスの天井を使わないので“天井がない”お風呂として呼んでいます。

おうちの間取りや構造などによっては板張りの天井を貼ることもあれば、
上部が吹き抜けなど開放的な空間の場合は、全く天井を貼らず開放的なお風呂にすることも可能です。

ユニットバスの天井をとる
メリットって何?

ユニットバスの天井を使わないのは分かったけど、わざわざ木などで天井を作り変えてまでお風呂を作る理由は何でしょうか。

れは“加湿のため”です。

くらはし建築の家は、高気密高断熱の家。
高気密高断熱の家というと、夏涼しく、冬暖かいのが大きな特徴であることはみなさんご存じの通りです。
その快適な空間が大きなメリットなのですが、逆にデメリットはなんでしょうか。

それが「乾燥しやすい」点です。

冬の時期は外の空気が乾燥します。すると空気中に含まれる水分量がただでさえ少ない状態なのですが、
その空気が家の中に入ってくると、暖かい空間では空気中の相対湿度が下がってしまい、乾燥しやすい状態になります。

“加湿”をするためには
どうしたらいいか

空気が乾燥しがちな高気密高断熱の家で、対処方法は、やはり加湿を行うこと。

高気密高断熱のおうちの場合、加湿器は必須アイテムですが、
大きな加湿器を複数台購入すれば費用もかかりますし、毎日の給水はそれなりに大変です。

そこで活躍してくれるのが“天井のないお風呂”なのです。
加湿器と併用して活用することで、デメリットの解消に役立ってくれます。

加湿のワザを見せちゃいます

天井のないお風呂をもう一度、違う場所から見てみましょう。

実は天井のないお風呂の全体はこのような仕上げになっていて、扉の上があいているのが標準です。
(※開ける場所は、間取りや構造によって様々ですが、うっかり風呂場の中が覗けてしまう場所には開けないので
そこはご安心してくださいね。)

そう、この開口部からお風呂のいや~な水蒸気を逃がすことで
自然と他の部屋が加湿できるような仕組みになっているのです。

水蒸気の性質

お風呂場で水蒸気を逃がすと、脱衣場がすごく湿気っぽくなるのでは・・・?と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

実は水蒸気は、湿度の高い方から低い方へ移動するという性質をもっているのはご存じでしょうか。
そのため、風呂場の水蒸気がいったん隣の脱衣場に流れても、他の居室が脱衣場より湿度が低ければ、水蒸気は移動していきます。

一般的な住宅の場合、扉を閉めて仕切ってしまうと、この水蒸気移動がスムーズにいかず脱衣場がすごく湿気っぽい状態になりやすいのですが、
家中の空気の流れを取り入れて設計していくくらはし建築では、水蒸気の移動もスムーズです。

入浴直後など、湿気っぽくなるタイミングもありますが、時間を追って湿気がなじんでいくイメージですね。

天井をなくす3つの理由

実はお風呂の天井をなしにする理由は湿気のためだけではありません。

【天井がないお風呂3つの理由】
①風呂場の中まで、暖かい空気が自然と流れ、ヒートショック等による事故を防ぐため。
②入浴により出た水蒸気を、風呂場から逃がし、風呂場のカビ抑制などお掃除を楽にするため
③入浴により出た水蒸気を、他の部屋へ送り、加湿として使用するため

くらはし建築の考えるいい家は、“暮らしやすさ”。家族が健康で、負担の少ない暮らしをしていただけることが大切だと考えています

“天井がないお風呂”と聞いたら、え…そんなの嫌だと思われる人もきっといらっしゃると思います。
実は私自身も、初めて聞いたときは「え…そんなの絶対おかしいよ…」と思っていました。思いますよね!笑

けれど、実際その天井のないお風呂で数年暮らしてみて、デメリットよりメリットがとっても大きいなと実感しています。
・お風呂が寒くない
・お風呂掃除がラク
・冬の乾燥対策の負担が減る

個人的にはあまり気になりませんが、デメリットがあるとしたらお風呂で歌を気持ちよく歌えないことでしょうか…。笑

まとめ

天井のないお風呂、みなさんどうでしたでしょうか。
びっくりされた方も、ちょっと気になるな~って方もおみえでしょうか。

この天井のないお風呂を実際に見てみたい方は、コンセプトハウスにお越しください♪
日頃から生活しているモデルハウスなので、普段の掃除の様子や使い勝手などもリアルに見ていただくことができますよ~。

予約はこちら↓↓↓

    必須参加イベント
    必須ご希望のお日にち【第1希望】
    必須希望のお時間(複数選択可)【第1希望】
    必須イベント当日のお子様のご同伴(未就学児のお子様)
    任意ご希望のお日にち【第2希望】
    任意希望のお時間(複数選択可)【第2希望】
    任意イベント当日のお子様のご同伴(未就学児のお子様)
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須お住まいの郵便番号
    必須お住まいのご住所
    必須当社をお知りになられた
    きっかけを教えてください
    任意コメント欄

    資料請求はこちら↓↓↓

    前の記事

    おしえて!『太陽光発電』

    次の記事

    電気代と家づくりの関係は…?