わが家の空気『24時間換気中』

コロナ前から空気ずっときれいです


あっという間に師走ですね。
今回は【換気】についてainoa.lifeくらはし建築の家ではどんなこだわりを持ってご提案しているのか、お話していきたいと思います。


2003年に建築基準法が改正され「2時間に1回家中の空気が入れ替わる換気量を確保しなければならない」と定められていることをご存知でしょうか?
ainoa.lifeくらはし建築の家では、地中熱を利用したオリジナル換気システム【 AirAND 】を採用しています。

地中熱式オリジナル換気システムAirAND-

部屋に取り入れる空気は、屋外にフィルターを設置しダストを除去してから地中熱交換を経て各部屋へ給気しています。
地中熱交換(排気と給気のダクトがお互いを冬は暖め夏は冷やし合うこと)により冷暖房費の削減になり、フィルターを通し床下から排気することによって家の中の空気もクリーンに保つことができます。

AirANDの換気量は、しっかり法定数値をクリアしている「1時間で家中の空気の半分の換気」を実現。
高気密高断熱だから叶う、計画換気を24時間行っています!


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  


こんな真冬の寒~い外気と24時間入れ替えを続けていて、本当に部屋が寒くならないの?と思われる方も多いと思います。
気密・断熱の悪い家では耐えられないから冬はスイッチオフにしていますというお話も耳にしますが、しっかりとした高気密・高断熱住宅をお造りしている弊社。
そこは、自信をもって真冬もあたたかく過ごせますよ~と皆さんにお伝えしていますので、ご安心ください!
各スタッフの実体験からもそこは自信をもって大丈夫!とお伝えできます☺


⇩ 冬も子供たちは裸足でこんな装いです~



長引くコロナ禍により、感染症対策やおうち時間が増え、キレイな空気環境を希望される方が本当に増えています。
ainoa.lifeくらはし建築の家なら、安心安全な空間でお仕事に家事にご趣味に…と皆さん愉しんでお過ごしいただいています♪


換気扇ってどこにある?


換気の計画も間取りと同様、事前にコーディネーターと建築士が1棟ごとの条件に合わせてご提案をさせていただきます。

皆さん、“換気扇ってどこに設置されるの?”と考えてみたことはありますか?

一般的な意見を調べてみると、そんなの壁の上の方(天井付近)でしょ?という答えがほとんどでした。
確かに、多くの家では天井付近に設置されていますよね。

換気扇は天井付近にあるという先入観があるのは、恐らく換気扇と言われるとキッチンの換気扇を想像するからだと思います。
調理をする際の煙は上に上がるので換気扇は天井付近へ取り付けるものだと皆さん認識されていたのではないでしょうか?

ですが、今回お話している換気システムの役割としましては、キッチン以外にも、家中の浮遊粉塵やVOC(揮発性有機化合物)などのアレルギー物質を排出し、家の中の空気をいつも綺麗にしておくための換気です。



ということは…
アレルギー物質を効率よく排気するための排気口の場所” を考えて設置しなければなりません!!


ainoa.lifeくらはし建築の家だと、【 床 】に排気口を設置します!

〖玄関〗


〖トイレ〗


〖ゴミ箱下〗


適切な位置から排気と給気をすることによって、おうちの空気を効率的にクリーンに保つことができるのです!

では、どうして弊社は床から排気する換気システムを採用しているのでしょうか?



どうして床から排気するの?


まだまだご存知の方は少ないのかもしれませんが、実は花粉やハウスダスト等のアレルギー物質は、空気より重く、床上30㎝ の高さまでに沈殿していることが確認されています。
それにも関わらず、天井に排気口が付いていては、上手く排気していかないことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

一般的な換気システムでは、天井付近へ吸い上げようとする力が働くため、自分たちの生活空間へ汚れた空気をわざわざ吸い上げて通過していくという状態なのです。
これでは、なかなか花粉症も軽減されないのではないでしょうか?



そういった事実を元に、ainoa.lifeくらはし建築では、排気口の位置は必ず床に設置しているのです!
さらに、上記の写真のように、臭いの発生源に近い場所 へ設置することを事前にプランニングしています。


写真は一例ですが、キッチンのゴミ箱下やトイレ、臭いが籠りがちな下駄箱や収納スペースのに中は必ず設置させていただいています。
ここまで計画的に換気させることで、少量の換気エネルギーでも確実にアレルギー物質を排気させることが可能になるのです。





小さなお子様をお持ちのオーナー様に大変ご好評をいただいているのが、「おむつの臭いが気にならなくなったよ~!」と言っていただけることです。おむつ専用のゴミ箱も要らないね~と嬉しいお言葉もいただいています。


些細なことかもしれませんが、毎日育児に奮闘されているママの気持ちがとってもよく分かる弊社ママスタッフ陣は、ちょっとでも家事や育児がラクになるアイデアを日々考えているので、こう言ったお言葉は本当に励みになります。






床上30㎝に漂うアレルギー物質が常にキレイな状態でいてくれるから、ちょうどその位置で過ごしている小さなお子さまの健康を考えるうえでも本当に安心できますよね。
弊社の家。子育てをするには、本当に最適な環境なんだなぁと改めて気づかされました。


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  

さらに、床上30㎝の高さは、就寝時のベットの高さ でもあります。1日の約4分の1の時間をその高さで過ごしていることになるので、キレイな空気環境での睡眠とアレルギー物質が漂ったままの環境での睡眠とでは、徐々に体への影響が出てきても不思議ではありません。

“家族が健康でいてくれること”
これが何よりも家族の幸せと家事ラクな日々へ導いてくれる大切なポイントなのかもしれません。



換気システムは全3種類!


換気システムは全部で3種類あります。簡単に違いをご説明させていただきます。



◉ちなみに、弊社の標準仕様は第3種換気になります。


①第1種換気:給気・排気ともに機械で強制的に換気
(メリット) 安定的な換気ができる
(デメリット) 初期費用・電気代・メンテナンス代等のコストが高い

②第2種換気:機械給気・自然排気
(メリット) 室内気圧が高くなり埃などが入りにくい➜病院などで採用されている
(デメリット) 気密が悪いと結露になりやすい➜住宅には向いていない

③第3種換気:自然給気・機械排気
(メリット) 初期費用・電気代・メンテナンス代等が安い
(デメリット) 気密の悪い家だと計画換気ができない


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  


弊社の場合、気密に自信があるので第3種換気でもしっかりと24時間計画換気が叶います。
ご希望の場合は、オプションで第1種換気への変更も可能です。
お気軽にご相談いただければと思います。


ちなみに、弊社の換気システムは、熱交換器等は付いていません。
地中熱交換型のエコな換気システムですが、室内温度は保たれます!
給気の位置は、一棟一棟コーディネーターがしっかり計算してご提案しています。

年に2回!換気フィルター掃除します!


弊社の換気システムはメンテナンスフリーです笑
なぜかといいますと、半年おきにスタッフがお伺いしてフィルターの状況確認とお掃除をさせていただくからです!

オーナー様にしていただくことは…たま~に床にある排気口の埃を拭いていただくくらいでしょうか?



ちなみに、写真の丸印のところが換気フィルターになります。
中のフィルターを取り出してキレイにします⇩




先日、我が家にもそうじに来てくださいました⇩




シンプルな構造なので、汚れが気になってきたら中のフィルター部分のみ交換となりますが、その際の費用も(25,000円+税)ほどで済みます。
メンテナンスがラクな点と、お財布にも優しい点は、長い目で見たときにとても安心できますね。

目に見えないけど、効果実感!


ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
弊社の換気へのこだわりが少し伝わりましたでしょうか?

スタッフの実体験を少しご紹介すると…
・引越してから花粉症が軽くなった
・臭わないから安価なゴミ箱で充分(節約になった!)
・トイレや部屋の芳香剤・消臭剤もう要らない!
・部屋干し臭・ごはんの臭い・ペットちゃんの臭いも気にならない(急な来客も◎)


一例ですが、私たちスタッフはこんな暮らしを送っています。皆さんは今のお住まいで換気に関わるお悩みはありませんか?
分かりにくい所もあったかと思いますので、ぜひ詳しくは見学会にてお話できたら嬉しいです。

お気軽にお問合せください。

それでは、また次回も “毎日を心地よくするテクノロジー” をご紹介していきたいと思います。

岡崎市 三河 幸田 注文住宅

前の記事

『チームワーク』と『高品質』