高性能のこだわり

性能のいい家は暮らしをちょっとラクにする

高性能のこだわり
高性能のこだわり

高性能へのこだわり


mocaライフ


快適

家中どこでも温度差±2度以内。
半袖でも長袖でも過ごせる適温環境。
冬の朝に布団から出るのが苦じゃない。

低燃費

床暖房がなくても足元あったか。
ランニングコストも気にならない。
風邪をひいてもこじらせにくく、医療費もカット。

健康

室内干し&計画換気で花粉症にも負けない。
冷え性が改善した奥様が多数!

パッシブデザイン

四季の太陽と上手に付き合って、温かさと光を取り入れる。
室内の風通しをよくし、夏、涼しくする工夫。



高気密
家の気密性(隙間の量)を示す指標。家全体にある隙間面積を延べ床面積で除した値。
この数字が小さいほど気密性能が高いことを表します。
高断熱
建物内外の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮などの面積の合計で除した値。
この数字が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高いことを表します。
計画換気
"24時間換気"が2003年に法的に義務付けられています。
部屋に取り入れる空気は、屋外にフィルターを設置しダストを除去してから地中熱交換を経て各部屋へ給気しています。
地中熱交換により冷暖房費の削減になり、フィルターを通し床下から排気することによって家の中の空気もクリーンに保つことができます。
耐震等級
国が定める住宅性能表示制度により、建築物がどの程度に地震に耐えられるかを示す等級。
耐震等級1→建築基準法(2000年基準)の耐震基準相当
耐震等級2→等級1の1.25倍
耐震等級3→等級2の1.5倍


暮らしの工夫
家の基本性能+暮らしの中のちょっとした工夫で、快適性や省エネ性能がグッとアップします。
たとえば、夏には日除けのタープをしたり、冬には乾燥防止に観葉植物を育てたり・・・。
普段の暮らしの中にある、ちょっとした快適生活へのヒントをアドバイスさせていただきます。
VOC測定
ホルムアルデヒドやVOC(トルエン・キシレンetc…)測定。
現代の家は、性能に差こそあれ、高気密高断熱化が推奨され、昔ながらの隙間風が通る家ではなく、隙間風が入りにくくなっています。
よって、お引渡し前に室内のVOC測定を行い、安全に暮らせる家であることを目に見える形でご提示します。


ZEH普及目標

COMFORTABLE -暮らしやすさへの想い-